テレビに呟くブログ

ぶつぶつ言います

福田淳一事務次官からセクハラ行為について1番の加害者はテレビ朝日ではないのでしょうか?

福田淳事務次官からセクハラ行為について、

 

先日テレビ朝日が会見を行い、テレビ朝日の女性記者が被害者で録音データを提供したとのこと。

 

見過ごしてはならない問題点が何点かあると思います。

 

1、テレビ朝日は加害者である

テレビ朝日もこのことについて戦う旨のことを言っていましたが、そもそも女性記者は被害者ですが、

 

テレビ朝日は、わかっていて、どんな時間であろうと取材をさせ、いざセクハラの報告があっても記者を守らなかった。

 

2、あの音声データで1個人をメディアが袋叩きしていいの?

あの音声データは、福田事務次官がしゃべっているところだけ、これではなんの証拠にもならないし、覚えがないのもをうまく加工していても放送されてしまう。

 

万が一違っていたらどうするつもりなのだろうか?

 

実際、ビビッとが解析したところ3箇所で話した音声データをつないだものとかいせきされた例もある。

 

そういう話になると、取材でなくてもあの会話はダメだというが、

それは、論点ずらしであって、まずは取材の中の正当な会話の中のデータなのか、

はっきりさせて議論をすべきで、とにかく叩くといった乱暴で、

これも相当な暴力ではないだろうか?

 

こんな放送ばかりじゃ辛いです。

とにかくもうテレビの報道は見たくないというのが本音ですが、

見ないわけにもいかず、苦しい日々を過ごしています。